埼玉県健康づくり事業団は、病気の予防・早期発見・健康保持及び増進を推進し、皆様の健やかな生活を支援しています。
  リンク 文字サイズ  
  • 文字を小さく
  • 文字を初期値に
  • 文字を大きく

公益財団法人埼玉県健康づくり事業団

 

 

2016 年度
やさしい がん予防

がん予防無料公開講座「やさしい がん予防」を開催しました

平成28年11月12日(土) 埼玉県健康づくり事業団

 当事業団施設にて、昨年に続き2回目となる、がん予防無料公開講座を開催しました。
 今回は、「やさしい がん予防」と題し、当事業団横田診療所長により、日常生活の中で誰でも簡単に出来る「がんにならない生き方16か条」が紹介されました。
 来場者数は当初見込みを大幅に上回る55名に上り、会場となった本館2階大会議室は満席となりました。来場者の大半は吉見町内の方でしたが、近隣の市町村からも多くの方がいらっしゃいました。
 講演内容についても大変ご好評を頂いたほか、講演前後に健診施設棟にて実施した健康チェック(視野検査、動脈硬化度測定)では順番待ちが出来るほど盛況となりました。




第7回 ピンクリボンデーinくまがや

「第7回 ピンクリボンデーinくまがや」において無料乳がん検診を実施しました

平成28年10月30日(日) 熊谷市立文化センター文化会館

 今年もNPO法人くまがやピンクリボンの会主催による、乳がんの撲滅及び検診の早期受診の重要性を訴えるイベント「第7回 ピンクリボンデーinくまがや」が開催されました。
 当事業団は主催者からの依頼を受け、会場へマンモグラフィ検診車を派遣し、事前申込みのあった方の中から選ばれた24名の方を対象に、無料でマンモグラフィ撮影、視触診、乳房超音波検査を実施しました。
 また、当日は「ピンクリボンハロウィン啓発ウオーク」と題し、200名を超える参加者の皆さんがハロウィンの仮装をし、乳がん検診受診の必要性・重要性を訴えながら、熊谷の市街地を中心に練り歩きました。



ピンクリボンフェスinきたもと2016

「ピンクリボンフェスinきたもと2016」にてマンモグラフィ検診車の展示を行いました

平成28年10月29日(土) 北本市庁舎ホール(市役所内)

 ピンクリボンの会きたもと主催による、乳がんの早期発見・早期治療の重要性や乳がんについての理解を深めるためのイベント「ピンクリボンフェスinきたもと2016」が開催され、当事業団は主催者からの依頼を受け、マンモグラフィ検診車を会場へ展示しました。
 当日は、県立がんセンター乳腺外科部長の基調講演や、行政関係者を交えてのパネルディスカッション等もあり、多くの来場者が訪れ、当事業団のマンモグラフィ検診車もたくさんの方にご見学いただきました。
 また、「乳がんのセルフチェック」などのリーフレットの配布や、女性のがんについてのパネル展示も行い、健診機関として、乳がん検診受診の重要性を参加者の皆様に訴える良い機会となりました。




がん検診受診促進普及啓発活動

「がん検診受診促進普及啓発活動」を実施しました

平成28年10月27日(木) JR浦和駅東口・越谷レイクタウン
平成28年10月28日(金) JR大宮駅西口

 昨年に続き、今年もがん検診の受診を促進するための啓発活動を実施しました。
 当日は、当事業団の職員が駅頭や大型商業施設等の利用者を対象に、がん検診受診促進のメッセージ入りポケットティッシュを配布し、がん検診受診の必要性・重要性を訴えました。
 浦和駅では2,000個、レイクタウンでは1,500個、大宮駅では2,000個のポケットティッシュを配布することができました。
 今後も、受診率の向上のため、様々な取組みを行っていきます。




第42回越谷市民まつり

「第42回越谷市民まつり」において結核予防普及啓発活動を実施しました

平成28年10月23日(日) 越谷市役所

 今年も、越谷市主催による「第42回越谷市民まつり」が開催され、同市保健所職員とともに、イベント来場者に向け結核の予防を呼び掛けました。
 同市保健所の出展内容は、クイズ形式で結核の現状を伝えるコーナーや、子供たちに関心を持ってもらうためのぬり絵コーナーなど、楽しく結核を学んでいただくためのもので、多くの来場者の関心を集めました。
 当事業団は、市と同一のブース内にて結核撲滅のための世界的な取組みである複十字シール運動の認知度向上のため、シールぼうやのイラスト入りポケットティッシュや、複十字シールなどを約1,500個配布しました。
 また、資材の配布に併せ、結核予防のための募金を呼び掛け、2,755円のご協力をいただくことが出来ました。
 御協力ありがとうございました。




ピンクリボンスマイルウォーク2016

「ピンクリボンスマイルウォーク2016」において無料マンモグラフィ撮影を実施しました

平成28年10月1日(土) 六本木ヒルズアリーナ

 毎年10月は、乳がんの早期発見・早期治療を推進する全世界的な取組みであるピンクリボン運動の強化月間です。そこで、平成28年10月1日(土)、六本木ヒルズアリーナにて、日本対がん協会の主催により、「ピンクリボンスマイルウォーク2016」が開催されました。
 ピンクリボンスマイルウォークは、参加者が乳がんに関する知識を深め、街を歩きながらピンクリボンのメッセージを発信するイベントで、今年度は東京の他、仙台、神戸でも開催され、東京大会では4,000名を超える参加者で賑わいました。
 当事業団は、会場へマンモグラフィ検診車を派遣し、事前申込みのあった方の中から、主催者が決定した33名を対象に、無料でマンモグラフィ撮影を実施しました。




複十字シール運動街頭募金活動

「複十字シール運動街頭募金活動」を実施しました

平成28年9月22日(木・祝) JR大宮駅西口コンコース

 今年度も、複十字シール運動街頭募金を、埼玉県保健医療部疾病対策課職員及び埼玉県地域婦人会連合会会員の皆様の参加をいただき実施しました。
 同活動は、結核が現在進行形の病気であることを県民の皆様に理解していただくため、また、結核患者の増加が深刻化する途上国支援のための募金を呼び掛けることを目的に毎年行っているものです。
 今年は早朝から強い雨の降る悪天候となり、午後に予定していたJR川越駅での活動は中止となりましたが、計1,000人の通行者に結核予防を訴えるポケットティッシュを配布するとともに、5,514円の募金を集めることが出来ました。
 御協力いただいた県民の皆様にお礼申し上げます。


【複十字シール運動とは】
 結核や肺がんなどの病気をなくして健康で明るい社会をつくるため、世界共通で行われている運動です。皆様からの善意のご寄付により、広報、研究、国際協力等の事業資金を集める目的で、毎年8月1日から12月31日まで行われています。
 後援:厚生労働省・文部科学省・全国結核予防婦人団体連絡協議会
【複十字シール運動キャラクター】
 結核と闘う「シールぼうや」
リレー・フォー・ライフ・ジャパン川越2016

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン川越2016」に参加しました

平成28年9月17日(土)~18日(日) 川越水上公園 芝生広場

 リレー・フォー・ライフは、がん患者やがんの経験者(サバイバー)、サバイバーの家族や遺族、支援者(ケアギバー)を含む参加者が一体となり、夜通し会場を歩きながらがん征圧を訴える、まさに命の襷を繋ぐチャリティイベントです。24時間歩くことは、実際に朝も昼も夜もがんと闘っている人と一緒に挑むという象徴です。
 当事業団は日本対がん協会埼玉県支部として、同イベントの後援を行うとともに、昨年度の初参加に続き、今年度も「TEAM健康づくり」という名前で川越大会に参加しました。
 多くの職員やその家族の参加、協力により、がん検診の重要性を訴えながら、1周約400mの芝生広場トラックを24時間完歩することができました。
 また、「TEAM健康づくり」は、参加37チーム中、周回数第1位で表彰されました。

トラックを歩きながら、がん検診の重要性を訴えました。

乳がん模型、がんに関するパネルなどを展示

SAITAMA Smile Women フェスタ2016

「SAITAMA Smile Women フェスタ2016」に参加しました

平成28年9月10日(土)・11日(日) さいたまスーパーアリーナ

 平成28年9月10日(土)・11日(日)の2日間にかけ、埼玉県産業労働部産業支援課が主催する、県内の働く女性を支援するためのイベント「SAITAMA Smile Women フェスタ2016」に出展者として参加しました。
 本イベントには例年2万人を超える来場者が訪れ、会場のさいたまスーパーアリーナには、今年も数多くの女性やその家族が詰めかけ、大変な盛り上がりを見せました。
 当事業団はヘルスケア部門の出展者として、会場へマンモグラフィ検診車を派遣し2日間で合計71名の女性来場者を対象に、無料でマンモグラフィ撮影を体験していただきました。
 また、場内の出展者ブースでは、女性のがん検診受診促進のためのリーフレットやポケットティッシュ等の配布に加え、乳がんの自己触診法のDVDや子宮頸がん検診のスライド上映、子宮頸がん検診に関するクイズの出題などを行いました。
 2日間の活動を通じ、働く女性の健康を願い、がんの予防、検診受診の重要性を広く訴えるためのまたとない機会となりました。



LIONS HAPPY MOTHER'S DAY

LIONS HAPPY MOTHER'S DAYにおいて無料マンモグラフィ撮影を実施しました

平成28年5月8日(日) 西武プリンスドーム

 平成28年5月8日(日)、埼玉西武ライオンズの本拠地である西武プリンスドームにおいて、同球団が主催した「LIONS HAPPY MOTHER'S DAY」に、日本対がん協会と共に、同会の埼玉県支部として参加しました。
 本イベントは、毎年、母の日に因み、来場されたお母さんたちの健康を願って、女性のがん検診啓発活動の一環として催されているものです。
 今回は、乳がんに関する普及啓発のためのブースを設けたほか、乳がん検診車を会場へ展示し、来場者に無料でマンモグラフィ撮影を体験していただきました。
 当日は天候に恵まれ、3万人以上のプロ野球ファンが会場を埋め、普及啓発ブースにも多くの見学者が訪れました。また、当初の予定を超える25人の方がマンモグラフィ撮影を体験され、乳がんに対する関心が高まっていることを確認しました。

コバトン・さいたまっちも一緒に、がん検診の重要性を訴えました

子ども達に大人気だったクイズコーナー
ページトップへ戻る